才賀紀左衛門のブログ制限は親権問題が原因!あびる優に娘を渡さない経緯&ヤバい行動

スポンサーリンク

2022年9月2日を最後に格闘家の才賀紀左衛門さんのブログから、日々投稿してきた一緒に暮らす娘のAちゃんの画像などの投稿がなくなりました

調査の結果、才賀紀左衛門さんはブログ制限がかかっており、原因は元嫁のあびる優さんとの親権問題が関係しているということが分かりました。

今回は、才賀紀左衛門のブログ制限の経緯や親権問題から見えたヤバい行動について調査しました。

この記事で分かること
・才賀喜左衛門のブログ制限の理由
・才賀喜左衛門とあびる優の「親権交代」の経緯
・才賀喜左衛門のブログ制限から見えたヤバい行動

目次

才賀紀左衛門のブログ制限に至った経緯&原因

才賀紀左衛門が「ブログ制限」により娘の投稿をやめる

才賀喜左衛門さんは、2022年9月3日から娘のAちゃんに関してのブログ投稿をやめるようになり9月6日から名前の表記も「娘」ではなく「会長」と表現するようになりました。

その理由を「ブログ制限がかかってしまったとブログで報告しています。

ぷひ子

9月6日から「ブログ制限」がかかってしまったようですね。

才賀紀左衛門の結婚時の画像
時事通信より

昨日からブログが色々制限がかかってしまったから家族の事とか書きにくいけど今は辛抱やし逆に自分達の成長の時期やと思って我慢❗️

引用:才賀紀左衛門オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/saigakizaemon/entry-12763145302.html

原因は元嫁のあびる優との「親権問題」

ブログ制限の原因は元嫁のあびる優さんとのAちゃんの「親権問題」が関係していました。

才賀紀左衛門さんは親権者があびる優さんへ変更しているにも関わらずAちゃんの引き渡しに抵抗ブログをアップし続けていたようです。

そのため才賀紀左衛門さんに対しアメブロからの通告が入りAちゃんの投稿が禁止ブログ制限状態となりました。

ぷひ子

あびる優さんがアメブロ社へ通告したようですね!

あびる優の親権問題について
Twitterより
https://twitter.com/caneton001/status/1559886053288267776?s=20

「(才賀のブログにAちゃんの写真が掲載されていることの)許諾ないし黙認は、サイバー社による違法行為の助長になるため、8月にその旨申し入れました。過去の写真が残っているため引き続き対応します。」
あびる優代理弁護士より

引用:文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/57623?page=2

離婚時の親権は才賀喜左衛門にあった

娘のAちゃんの親権は、最初からあびる優さんにあったわけではありません。

2019年の離婚時には親権者は才賀紀左衛門さんでしたが、2021年に親権者があびる優さんへと変更になっています。

ぷひ子

親権があびる優さんに変更されたにも関わらず、ブログ投稿をし続けているなんて驚きです!

才賀紀左衛門とあびる優の結婚発表の画像
時事通信より

才賀紀左衛門・あびる優の関係経緯
2014年:才賀紀左衛門、あびる優 結婚
2015年:Aちゃん 誕生
2019年:才賀紀左衛門、あびる優 離婚親権と監護権は才賀
2020年:あびる優親権者変更の調停を申し立て
2021年:あびる優へ親権者変更が確定親権と監護権はあびる

娘を渡さない!才賀喜左衛門のヤバい行動5つ

ヤバい行動①Aちゃんを考えない自分勝手な「違法な連れ去り」

ブログ制限や親権問題の経緯から才賀紀左衛門によるヤバい行動が見えてきました。

ヤバい行動の1つ目は、この状態が「違法な連れ去り」であるということです。

裁判で親権があびる優さんに変更になったのにも関わらず引き渡しを抵抗している才賀さんの状態は違法です。

ぷひ子

才賀紀左衛門は裁判所の決定を守っていないということになります。

そして違法な連れ去りは娘のAちゃんのことを考えない才賀さんの自分勝手な行動とも言えます。

裁判所は親権交代において「子の福祉」を第一に親権者を決定します。

「子の福祉」とは子の健全な成長を阻害しないあらゆる環境子供ファーストな考え方

裁判所の決定は娘のAちゃんを1番に考えた決定ということです。

この決定を無視するということは、Aちゃんを無視した身勝手な行動だと判断できます。

ぷひ子

違法な連れ去りAちゃんに悪影響を与えることは一目瞭然!
Aちゃんのことを1番に考えているなら、このような身勝手な行動はできないはずです。

あびる優、才賀紀左衛門
文春オンラインより

「昨年、Aちゃんの親権者が私に変更され、引渡しが確定しました。ところが、彼は一向に引き渡そうとしない。つまり、違法な“連れ去り”状態にあるのです」
あびる優より

引用:文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/56214#photo_1

ヤバい行動②親としての役割を果たしていない

才賀喜左衛門さんのヤバい行動2つ目は、親としての役割を果たしていない」と判断されていたことです。

ここで重要になってくるのが最初の親権者です。

一般的に母親が親権を持つものですが最初に才賀さんが親権を持ったことで、2019年の離婚の際「なぜ親権が才賀さんであるのか」話題になりました。

当時は「あびる優さんに問題があったのでは!?」と話題になりましたが、後に離婚時に才賀紀左衛門さんが勝手に離婚届けを提出したことが分かっています。

ぷひ子

この場合、親権者も才賀さんが勝手に決めた可能性もありますね。

才賀喜左衛門とあびる優
芸トピより

「実はあびるさんは離婚成立を知らなかったようだ。記入済みの離婚届を以前から用意していて、それを才賀さんが相談なく提出した様子。“混乱してる”と言っていた」関係者談

引用:スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/14/kiji/20191214s00041000082000c.html

理由は「親権者変更」

2020年にあびる優さんが親権者変更を申し立て、2021年にあびる優さんへの親権者変更が確定しました

親権者変更調停では東京家裁は才賀さんの監護に問題があったとし、あびる優さんを「従前の主たる監護者」と認めています。

ぷひ子

もし才賀喜左衛門さんの監護に問題なければ親権交代にはならなかったはずです。
調停で才賀さんの監護に問題ありと判定された理由には、親としての役割が果たせていなかった可能性が考えられます

〈申立人(※あびる)が従前の主たる監護者であって、未成年者の愛着関係は、申立人に対して最も強い〉〈別居後しばらくの間の相手方(※才賀)による監護には問題があった
審判書より

引用:文春オンライン

ヤバい行動③間接強制金の未払いによる直接強制の可能性がある

才賀喜左衛門のヤバい行動3つ目は、直接強制の可能性があるということです。

裁判の決定には法的な効力があり、現在裁判での決定事項を守らない才賀紀左衛門さんには間接強制が行われています

本来であれば間接強制金の支払いを行うべきであるところ、才賀さんは未払いの状態です。

Aちゃんの引き渡しもせず、間接強制金までも未払い」という状態が続けば、財産の差し押さえ直接強制も免れなくなってしまいます。

ぷひ子

間接強制金を計算すると現在までに約1000万円にまで積みあがっているようです!

あびる優、才賀紀左衛門、画像
東スポWebより

才賀には現在、(中略)22年1月に家裁から「引渡しをしない場合、1日あたり4万円を支払うこと」という命令が下っている。しかし、「今に至るまで一切支払われていません」(あびる)。

引用:文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/56214?page=2

「直接強制」は子供を傷つける可能性がある

「なぜ、直接強制がよくないか」というと子供を傷つけてしまう可能性があるからです。

ぷひ子

直接強制強引な拉致になってしまったり子供をもの扱いしてしまうことにもなります。
娘のAちゃんのためにも絶対に避けたいですよね。

あびる優さんと娘さんの仲良し画像
文春オンラインより

間接強制金が支払われない場合は、財産が差し押さえられるケースもある
間接強制をしても子供を引き渡さない場合は、直接強制(裁判所の執行官が子供を直接引き取る方法)が行われる。

ヤバい行動④娘への刷り込み

才賀喜左衛門さんのヤバい行動4つ目は、娘への刷り込みです。

Aちゃんの引き渡しに難航しているのは、才賀紀左衛門さんによるAちゃんへの刷り込みが原因だと言われています。

離婚直後の面会した「ママだーいすき」と甘えていた娘のAちゃんが、1年後にはあびる優さんへの態度が激変してしまったようです。

ぷひ子

ママであるあびる優さんに対して動物だよ。」というAちゃんの言葉は衝撃でした。
誰かの影響を受けたとしか考えれられませんよね。

あびる優、画像、子供
文春オンラインより

●Aちゃんがあびる優にはなった言葉
「ママじゃないから。優ちゃん。人間でもないし。動物だよ」
「あんたなんて、産んだだけのだたのおばさんなんだから」
あびる優より

引用:文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/56167

あびる優さんに対する娘のAちゃんの言動に関して、家裁では『才賀紀左衛門による刷り込みと判断になりました。

ぷひ子

純粋な子供に対して親が行う行為とは到底思えません!

●家裁の文書・報告書
(才賀による)強力な刷り込みがあったものと推察される〉

未成年者(※Aちゃん)が債権者(※あびる)に対して拒否的な感情を抱くに至ったのは、債務者(※才賀)の影響を受けたことによることが明らかである〉

引用:文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/56214?page=2

ヤバい行動⑤自分の行動を肯定&世間への呼びかけ

才賀喜左衛門さんのヤバい行動5つ目は、ブログでの言動です。

2022年9月22日才賀紀左衛門さんはブログでファンへのコメント返しの中で、一連の流れについて「自分の行動を肯定&世間へ呼びかける」ようなコメントをしています。

ぷひ子

自分の行動を肯定し、ファンに呼び掛けているようです。
たしかに、才賀とAちゃんの良好な関係がブログから伺えますが
親権が変更になり、引き渡しを抵抗している上でのこの発言は、
疑問や怖さを感じます。

才賀紀左衛門のブログ
文春オンラインより


バカじゃなかったらわかると思います
●一方的な情報に傾いたりしないでキチンと読んでくれたら毎日の繰り返しなので1番わかる
●キチンと見てくれてる方はわかると思ってます

【まとめ】才賀紀左衛門がブログ制限は親権問題が原因!あびる優に娘を渡さない経緯&ヤバい行動

今回は、才賀喜左衛門さんのブログ制限の理由や、親権問題から見えたヤバい行動について調査しました。

ブログでやInstagramの投稿を見る中では、非常に仲の良い親子関係のように感じますが親権が変更になっている以上はしっかりと引き渡しに応じる必要があると思いました。

ぷひ子

本日もありがとうございました!


目次