【動画】フワちゃんが英語を話せるのはなぜ?帰国子女&勉強法が関係!

スポンサーリンク

お茶の間で大人気のフワちゃんですが、英語力が凄い!と話題になっています。

「なぜ英語が話せるの?」という声が多く、調査の結果、帰国子女&勉強法が関係している事が分かりました。

今回はフワちゃんの英語力の理由&勉強法について調査しました。

この記事で分かること
・フワちゃんの英語力
・フワちゃんが英語を話せる理由
・フワちゃんの英語の勉強法

関連サイト
フワちゃんの中国人説はガセ国籍は日本中国語が堪能な理由は大学にあった

目次

【動画】フワちゃんの英語力がスゴい!

【動画】フワちゃんの英語力がスゴい!

フワちゃんの英語力はいろいろな番組で話している姿から分かりますね!

とっさに会話がでてきたり、発音が流暢なことからも英語力がスゴいことが分かります。

ぷひ子

英語が話せるというだけでカッコいいですよね~!

フワちゃんの英語に大絶賛の声

フワちゃんの英語力に世間でも大絶賛の声が上がっています!

ぷひ子

フワちゃんの才能の豊かさに尊敬しますよね^^

フワちゃんの英語力は帰国子女&勉強法が関係

フワちゃんは帰国子女!

フワちゃんは小学校2年生から4年生の間ロサンゼルスに住んでいました

フワちゃんが英語を話せる理由は帰国子女であることが関係しているようですね。

ぷひ子

ロサンゼルスはフワちゃんにとって故郷のようです^^

フワちゃんは帰国子女
YouTubeより
https://www.youtube.com/watch?v=zOkOa5YcuCg

実は英語が話せなかったフワちゃん!

フワちゃんの英語が話せる理由は、帰国子女であることも関係していますが、ロサンゼルスに住んでたことで英語レベルが上達したのではないようです。

小学校の頃ロサンゼルスに住んでたと言っても、英語レベルは「観光には問題ない」ほどで、「仲間内でくだらない会話をする」レベルではないと、YouTubeのセブ島留学動画でフワちゃんが話しています。

ぷひ子

持ち前のノリの「テキトー伝わるだろ英会話」で話していたフワちゃん。
それでも、フワちゃんのコミュニケーション力はすごいと感じます!

英語上達に芸人仲間の森本が関係!

フワちゃんの英語力の理由は、フワちゃんの英語勉強法にありました。

フワちゃんは、日本に帰国後に英語を猛勉強します。

オンライン英会話や英会話スクール、そして芸人仲間のトンツカタン森本さんに教わったりするなどして、勉強していたようです。

ぷひ子

ロサンゼルスに住んたことがきっかけで英語が大好きになり、日本に帰ってきてから英語をたくさん勉強したということが分かりますね!
トンツカタン森本さんとは、今では英語番組も一緒にやってます^^

英語が堪能な芸人・森本晋太郎さんに英語表現や発音を教えてもらっている。
超難しい発音はLINE の音声メッセージに森本が吹き込んでくれて、何度も聞き直して練習する。

引用:AELAdot.
https://dot.asahi.com/dot/2020041600060.html?page=1

英語勉強はインプット&アウトプット

フワちゃんの英語の勉強法はインプットとアウトプットをバランスよく行うことだそうです。

インプット…日ごろから気になった単語をスマホにメモ、話題のドラマを英語で視聴
アウトプット…英会話やオンライン英会話を通して会話

ぷひ子

やっぱりしっかりと勉強されているんですね~。
本当に尊敬しました!私も頑張りたいです!!!

フワちゃん、元気な写真
Twitterより
https://twitter.com/DeadOrAlive1013/status/1341007023043952640?s=20

英会話を上達させるコツは、インプットとアウトプットをバランスよく行うことだと断言するフワちゃん。
アウトプットの練習は、オンライン英会話や英会話スクールで行う。レッスン中に初めて聞いた単語はその場ですかさず質問し、ノートに走り書き。レッスン後にしっかり意味を調べ、例文と一緒に清書。また、とっさに出てこなかった表現は、日本語でメモ書きしておき、どう言えばよかったのか調べてノートにまとめている。

引用:AELAdot.
https://dot.asahi.com/dot/2020041600060.html?page=2

【まとめ】フワちゃんは英語を話せるのはなぜ?帰国子女&勉強法が関係していた

今回は、フワちゃんの英語力の理由&英語の勉強法について調査しました。

フワちゃんの英語力は英語が大好きなことも理由の1つですが、しっかりと努力されていることが分かりました!

関連サイト
フワちゃんの中国人説はガセ国籍は日本中国語が堪能な理由は大学にあった

ぷひ子

本日もありがとうございました!

目次